継母に「良い母親」を求めすぎていませんか

こんにちは
渡邊菜美子です。

継母として生きてきたこの13年
継子に関わる色んなところで
「お母さん業」をしてきました。

・保育園
・小学校
・役員
・習い事
・中学校
・高校
・部活
・保護者付き合い
・通院・予防接種
・毎日の食事・洗濯
・生活習慣・しつけのこと

きっと、継子の生活に関わることなら
実親である夫よりも
私の方が多くのことを担ってきたと思います。

生活の中で、家にいる時間の長い方に
子育ての比重が大きくなることで
継親が感じるストレスや悩みは
また別の機会にお話しするとして

今回は、これまで色んなところで感じた
「良いお母さん」とのギャップについて
お話してみようと思います。

<お母さんがするもの>というプレッシャー

学校や地域のコミュニテイーって
【子どもの学校行事はお母さんがするもの】
という雰囲気がまだまだ強いなと感じます

皆さんの地域はいかがでしょうか?

PTA活動や役員、保護者会は
お母さんがやる雰囲気だったり

子どもの送迎にお父さんが行くと
「今日はお母さんは?」と聞かれたり

予防接種の管理や子どもの体調管理は
「お母さんの仕事」のように言われたり

いろんなところで
「お母さんってこういうものでしょう」
と押し付けられているような気持ちになったものです

初めのころは
「私がお母さんになるって決めたんだし」って
全部頑張っていました

「子育てをする夫のサポートをしてあげたい」
という想いも確かにあったし

「いつか子どもができたら良いお母さんになりたい」
と思っていたし

「継母だからって子どもが肩身の狭い思いをしないように」
と思ったし

「求められる以上のことをやらなくちゃ!!」
って、気合も入っていました。

だけど、「良いお母さん」でいることが
次第にしんどくなっていったんですね。

短期でやるなら、なんとかやれたかもしれないけど
子育てって終わりが無い。

ずーっと、毎日毎日、
24時間がエンドレスで、続くわけです。

しんどいな・・・と思い始めても
頑張ることをやめられない。

しんどいな・・・を
打ち消しながら、
ごまかしながら
「自分で選んだことでしょう!?」と
言い聞かせながら、日々を過ごしていました。

これって、たくさんの継母さんが抱える葛藤なんですよね。

子どものことはお母さんがするもの

っていう社会の暗黙の了解のようなルールの中で
継母さんは毎日がんばっています。

ですが、

結婚して即!!!「母親」になれるか?
というと

そんなはずがなくて。

「初めからできなくて当たり前」という事実を
見落としている方が多いように感じます。

周りからの期待が大きい

「今回こそは幸せな家庭にしたい」
という実親さんからの期待

「継子を大事にしてやってほしい」
という義両親からの期待

「子どものしつけは母親のしごと」
という社会からの期待

「娘が幸せになってほしい」
という親からの期待

色んな期待に応えなくちゃと
頑張りすぎてしまうんですよね。

だけど、
周りの期待に応えるために
頑張っても頑張っても

思うようにいかない時期は
必ずと言っていいほど訪れます。

うまくいかなくて
思うようにいかないことが続くと
今度は次第に
できない自分を責めるようになるんですよね。

できない自分を責めるようになると
毎日を楽しめなくなって

周りにイライラするようになって
心も体もヘトヘトになっちゃう

負のスパイラルにはまってしまうんですね。

できなくて当たり前

だから、もう
【いい母親になる!!】みたいなことを
自分に求めるのはやめませんか。

【いい母親になって!!】なんて
周りからプレッシャーかけるのも
やめませんか。

継母にだって少しずつ時間をかけて
準備する期間や練習する時間が必要です。

子どもは言葉が通じたとしても、理解力はまだまだ乏しい。
大人相手の関りのスキルとはちょっと違います。

子どもの年代に合わせた発達の仕方を学ぶこと
ステップファミリーについて知識を得ること

しっかりと知ることから始めて
少しずつやっていきましょう。

できることなら、恋愛中から
パートナーとしっかり話せる関係を作っておくことも
結婚後の生活に役立ちます。

そもそも、話し合えないパートナーなら
子連れ婚をした後に辛い思いをするのは目に見えています。

どんなに頑張っても、うまく行く日ばかりじゃないし、
思い描いていたような毎日じゃないことに
落胆することだってあります。

情報を得て準備して
短時間の関りから練習して

少しずつ少しずつ
進んでいくことが大切です。

「初めからできなくて当たり前」ということを
夫婦で共通理解しておいてほしいのです。

実親が大切なパートナーのために協力できること

実親さんは
子どもを守りたい想いから
子どもの立場に立って
物事を考えてしまいがちです。

実の親ですから
当然の感情とも言えます。

継親は大人だから大丈夫だろうし、
継親よりも子どもを優先することが
当たり前だと思ってしまうんですね

だけど、配慮が必要なのは
子どもだけではありません。

継親にとって
この結婚を続けていきたいと
思えるかどうかは
実親さんの理解や支えが不可欠です。

継親が自分と同じだけ
子どもを可愛く思ってくれるのを
当たり前だと思ってはうまくいきません。

積み重ねた年月の違い
自分の血を分けていない子どもへの思い入れの違い
元の配偶者の影から受ける感情の違い

そういった違いがあることを理解し
継親への配慮が必要だということを
準備の段階から知っておいてほしいのです。

子どもの立場を守るためには
継親と子どもの間で
起きやすい心の葛藤や問題を知り

いざというときに
どう立ち回るのが
一番効果的なのかを知り
備えてほしいなと思います。

あなたのパートナーは

あなたのことは好きでもなんでもないけど
どうしてもあなたの子どもの母親になりたくて
結婚したんじゃありませんよね。

あなたのことが好きだから
あなたの子どもごと一緒に生きていこうと
この結婚を選んだはずです。

どうか
「母親」を求める前に
「妻」として
大切にしてあげてほしいなと思います。

過去に戻ってやり直すことはできなくても

そうは言っても、

「もうすでに結婚してるし
準備期間も練習期間もすっとばしてしまったよ」

「当時は情報が少なくて・・・
知らないままスタートしてしまったよ」

という方も多いと思います。

それでも、気づいた【今】がチャンスです。

過去に戻ってやり直すことはできないけれど

今からでも、子どもの発達について学んで
継子への理解を深めることはできます。

ステップファミリーに起きやすい問題を
改めて学ぶこともできます。

パートナーと話し合える関係を
築きなおすことだってできるんです。

本屋さんや、図書館には
子連れ婚について書かれている書籍があります。

ステップファミリーについての知識を
集めることで
夫婦での理解が深まることもあります。

お互いの立ち場に思いやりを持つことで
スムーズに話し合えるようになります。

ステップファミリーについて書かれた
書籍を読んでみたり
Rosyで毎月開催している
ワークショップに参加してみたり

上手に情報や知識を集めてほしいなと思います。

ステップファミリーについて学ぶワークショップとは

我が家流を探していきましょう

「良い母親」を目指すあまり
自分を責めたり、
否定したりするようになっては
何のために一緒になったのか
分からなくなってしまいますよね。

継子とのちょうどいい距離感を見つけ
「我が家流」を見つけていきませんか。

「当たり前」とか「常識」ではなく


我が家はどう暮らすのが
みんな心地いいのか

という視点で
夫婦で話し合ってみてほしいです。

【お知らせ】3月 ステップファミリーを学ぶワークショップ

【3月のテーマ】

ステップファミリーが出来上がっていく過程
~ステップファミリーが落ち着くのには5~8年かかります~

詳細はこちらから。
お気軽にご参加ください。



タイトルとURLをコピーしました