【メディア掲載】Re・rise Newsさんよりインタビュー取材を受けました

渡邊の活動に興味を持ってくださったとのことで
インタビュー記事掲載サイト
「Re・rise News」さんより取材を受け
Re・rise Short Story(Youtube)に紹介されました。

Re・rise Newsさんは、
「美しい時代を創る人たち」をテーマに
どこよりも深く高く繋がれる
出会いのプラットフォーム作りを目指して
活動されています。

担当してくださった大藤おりえさんは
『誰もが生まれてきてよかった!』
と思える地球にしていきたい!
という志を持った優しく明るい方で
とても穏やかな雰囲気の中で
お話させていただくことができました。
本当にありがとうございました。

ボーナスママ(継母)の笑顔を増やしたい。
ボーナスファミリー(ステップファミリー)の笑顔を増やしたい。
をテーマに、

どんなビジョンを持っているのか。
そのためにどんな活動をしているのか。
どうしてこの活動を始めようと思ったのか。 

など、20分程度のインタビュー動画になっています。

ボーナスファミリーについての情報は、
昔よりも増えてきてはいるものの
当事者の抱える葛藤はいまだに理解されづらいままです。

特に、ボーナスママの心に寄り添ったものは
まだまだかなり少ないと感じます。

ボーナスママの悩みを口に出すと
「分かっていて結婚したんでしょう?」
「そんなこと言ったら子どもが可哀そう」
と言われてしまいがちですが

お付き合いの時点で分かっていることと
実際に暮らし始めてから見えてくるものは
大きく異なります。

  • 自分の家なのに疎外感を感じたり
  • 「母親」になることへの期待を背負いすぎて
     大きなストレスを感じたり
  • 継子とうまくいかなかったり
  • 実親と継親の間でしつけの方針が揃わなかったり
  • 夫婦関係がこじれてしまったり

どれだけの覚悟をもっていても
「こんなはずじゃなかった」と
思ってしまうような壁に
ぶち当たってしまう時期が
あるのが普通なのです。

ボーナスファミリーについての情報を得ることや
自分の気持ちを大事にすること
自分の思考のクセに気付くことで
わたし自身や家族との関係が変わっていった実体験なども
インタビューの中でお話させていただきました。

ボーナスファミリーが抱える葛藤は
本当にひとそれぞれなので
わたしの話がすべての方に当てはまることは
無いと思いますし、
これが正解!というものはありません。

ですが、どこかのタイミングで
夫婦や家族それぞれが
「この結婚をよりよくするために
 自分にできることは何か?」
という視点を持てるように
なっていかなければ
ボーナスファミリーを続けていくのは
本当にむずかしいのも事実です。 

わたしの体験談や失敗談などを知って
今すでにボーナスママの方
ボーナスファミリーの方
これからボーナスファミリーに
なろうと考えている方が
ご自身の暮らしに役立ててもらえたら
こんなに嬉しいことはありません。

撮影から公開まで時間が空いたため(2021.9)
現在の活動と若干変わっている
ところもありますが
本質的なところは今も同じです。

ボーナスママの笑顔を見ると嬉しいんです。

いつもいつも笑ってなくちゃいけないとか
そういうことではないですよ。

この立場の難しさを
よく分かっているからこそ
笑顔になれる瞬間を大事にしたいんです。

「うちはボーナスファミリーです。
 なんだかんだで幸せですよ。」
と言えるおうちが増えていきますように。

どう頑張ってもにじみ出てくる
宮崎弁と鹿児島弁のイントネーション(*´ω`*)

※一回目Errorでるかもしれませんが、2〜3度トライしてもらえるとサイトへ移行します
※途中一度音声が途切れますが、お気になさらずに数秒お待ちください

インタビュー動画をご覧になってのご感想など
LINEやメールからお寄せいただければと思います。

毎月1回
ボーナスママの本音を話せるワークショップをオンラインで開催しています。
一緒にお話してみませんか?

2022年 6月22日(水)
    10:00~11:00
6月のワークショップの詳細はこちらから


タイトルとURLをコピーしました