継子にイライラするときに試したいコト 4つのステップ

スポンサーリンク

こんにちは。
子連れ婚・子連れ恋愛専門カウンセラー
渡邊菜美子です。

今日は
継子にイライラするときに
試してほしいコトを
4つのステップに分けてお話します。

パートナーの子どもと
一緒に暮らしていると
イライラしてしまうことありますよね。

新しい生活がスタートすると
生活習慣の違いや、
しつけの方針の違いが
次第に浮き彫りになっていきます。

  • 家の中でスリッパをはくかどうか
  • バスタオルかフェイスタオルか
  • 洗濯の頻度
  • 食事の味付け
  • 家族間の挨拶

挙げればキリがないくらい、
沢山の違いが出てきます。

初めは我慢してやり過ごしていても
毎日毎日続くことを
ただただ我慢するだけでは
いずれ耐えられなくなっていきます。

「何度言っても変わらない」

「自分には理解できない!!」

そんな風に感じてしまうのは
あなただけじゃありません。

ちょっと時間が経ったときに
「あんなに感情的に
 ならなければよかったな」と
落ち込んでしまうあなたへ

イライラするときに
試してほしい思考 4ステップ
お伝えしたいと思います。

イライラするのは何が叶わないからですか?

イライラするときというのは
たいてい相手の行動がきっかけに
なっているように感じるものです。

私はスリッパを履いてほしいのに
継子が素足で床を歩く

私は食事のマナーを
しっかり躾けたいのに
パートナーは継子に何も言わない

こんな風に、相手の行動に対して
ストレスを感じて、
イライラするのではないでしょうか。

【イライラするときに試してほしいコト ステップ1】

なぜ、相手にイライラするのか」
を自分自身に何度か問いかけてみましょう。

「なぜ?」を3回くらい問いかけ続けると
実はイライラの本当の理由は
自分の願っている理想が
叶っていないからだということに
気付くことができるはずです。

スリッパを例にすると、こんな感じです。

【スリッパを履いた方がいいのはなぜ?】
    ↓
丁寧な暮らしをしたいから
それが当たり前だと思うから
    ↓
【なぜスリッパを履かない継子にイライラするの?】
    ↓
スリッパを履いてもらわないと
足の裏の汚れが床に付くから不潔だと思う
    ↓
【継子がスリッパを履かないと他に困ることは何?】
    ↓
掃除するのは私だから
汚されるのは腹が立つ
    ↓
【じゃぁ、継子がスリッパを履かないことで困るのは誰?】
    ↓
あ、私かも。

食事のマナーについての考え方が
パートナーと違うときを例にすると
こんな感じです。

【食事のマナーを大事にした方がいいのはなぜ?】
    ↓
大人になった時に、継子が困るから
    ↓
【なぜマナーができていないと、イライラするの?】
    ↓
お箸をちゃんと持てないなんて恥ずかしいし、口を開けて食べるのは汚いと思うから
    ↓
【継子がマナーを守れなくて、今すぐに困ることは何?】
    ↓
学校などのコミュニティで本人が恥ずかしい思いをする
    ↓
【継子がマナーを守れなくて困るのは本人なのに、私がイライラするのはなぜ?】
    ↓
親として、ちゃんとしつけていかないと、自分の子育てがうまくいっていないように感じるから
    ↓
【じゃぁ、継子のマナーができていなくて困ってるのは誰?】
    ↓
あ、私かも。

この例えだけでなく、
暮らしの中で感じる多くのストレスは
自分の理想が叶っていないことが原因で
起きていることがほとんどだと言えます。

「継子のため」だと思って
言っていることでも
じっくり問いかけを
繰り返していくうちに

最終的には
自分の価値観や理想に
つながるのものなのですが
それが全部良くないとか、
そういうことではなく

「イライラの原因は
 自分の理想が叶っていないこと」
だということに気付けるかどうかが、
とても重要なんです。

それは、
「相手のせい」だと思って
イライラしているうちは
次の方法が思いつかないからです。

この段階で
「自分が困ってるんだ、
 自分の理想が叶っていないんだ」
と気付けたら、
対処することができます。

次に試してほしいコト ステップ2は
「その理想はどのくらい重要?
 ほかに選択肢はない?」
と考えることです。

その理想はどのくらい重要?ほかに選択肢はない?

自分の理想が叶っていないから
イライラしているんだと
自覚できたなら

【イライラするときに試してほしいコト ステップ2】
重要度やほかの選択肢を考えてみましょう。

先ほどのスリッパを例にすると
こんな感じです。

【スリッパを履くのはどのくらい重要?】
    ↓
汚い足で毎日家族が歩くのは
本当に嫌だから、結構重要!
    ↓
【床が汚くならないのなら譲れる?】
    ↓
毎日玄関で足を拭いてくれるなら
少しは譲れるかも
    ↓
【選択肢は何がある?】
    ↓
・スリッパを履く
・帰ってきたら足を拭く・洗う
・帰ってきたら靴下を替える
・帰ってきたらすぐにお風呂に入る
・床掃除を継子に頼む(クイックルワイパーなど?)

自分にとってどれくらい重要なのか
他にどんな選択肢なら譲れるのかを
じっくりと自分の気持ちに寄り添って
考えてみてほしいと思います。

ここまで来たら、
次は相手のことを考えてみましょう。

その理想は相手にとってはどのくらい重要?

イライラして感情的になってしまう時は
意外と、ここが抜けてしまうことが
多いのではないでしょうか。

【イライラするときに試してほしいコト ステップ3】

自分のこの理想は
継子にとっては
どのくらい重要だと
感じられていることなのか
考えてみましょう。

相手が「重要だ」と思っていないことを
自発的にさせようとするのは
かなり難しいことです。

大人でも子どもでも
自分が「やろう!」と思わないと
行動にはつながらないですよね。

継子が子どもだったり
掃除をしない立場なら・・

多分、
「床をきれいに保ちたい」という
継母の理想には
ピンときていないと思います・・・。
(残念ですが、子どもはそういうものですね)

相手が大事にしたいことは
床をきれいに保つことよりも
「家の中では気楽に歩きたい」
かもしれません。

もし、相手にとって
「床をきれいに保つこと」が
そこまで重要でないのなら

イライラして
「スリッパを履きなさい!」
と毎日言ったところで
聞き入れられるはずが
ないんですよね。

私たち大人でも、
「自分は重要だと思っていないこと」を
口うるさく毎日言われたって
「やろう」とは思わないですよね。

・なぜそれが必要なのか納得できる
・自分の言い分も聞いてもらえている

・自分で選ぶことができたかどうか
こういう過程が大事です。

では、
最後に試してほしいコト ステップ4

自分の理想を叶えつつ
継子も暮らしやすい方法を
話し合うということです。

自分の理想を叶えつつ、相手の理想も叶える方法を話し合う

「話し合い」は
とても大事なステップです。
自分の理想を相手に押し付けすぎれば
相手は拒絶しますよね。

かといって、遠慮ばかり我慢ばかりでは
いずれ自分も限界が来ます。

【イライラするときに試してほしいコト ステップ4】

自分の理想を叶えつつ
相手の理想も叶える方法を見つける
つもりで話し合うこと。

お互いに100%の理想を
通そうとするのではなく
「90%なら譲れる」
「80%でもいいよ」
そういう姿勢で話し合うことです。

自分の理想通りの暮らしができるなら
それは確かに一番楽かもしれないけれど
ステップファミリーに限らず
誰かと暮らすと
思い通りにならないことは
普通に出てくるものです。

イライラしてしまうのは
誰にだってあることですから
そういう時こそ
自分の理想を丁寧に伝え
相手の意見を尊重し
お互いが納得できるような
話し合いを意識していきましょう。

  1. ステップ1で考えた自分の理想を丁寧に伝えます
    「床をきれいに保ちたいので協力してほしいなぁ」という気持ちで。
  2. ステップ2で考えた選択肢を伝えてみます
    「掃除の頻度が増えると負担が大きいので、こんな選択肢はどうかなぁ?」という気持ちで。
    ・スリッパを履く
    ・帰ってきたら足を拭く・洗う
    ・帰ってきたら靴下を替える
    ・帰ってきたらすぐにお風呂に入る
    ・床掃除を継子に頼む(クイックルワイパーなど?)
  3. 継子の意見・パートナーの意見を聞いてみます
    「どう思う?」否定せず、尊重する気持ちで。
  4. 自分の理想を叶えつつ、相手の理想も叶える方法を見つけるつもりで話し合います
    家族が良い関係でいられることを優先する気持ちで。

今日は、
継子にイライラするときに試したいコト
4つのステップについてお話しました。

イライラするのは
「自分の理想が叶っていないから」
だと気付くことができると

相手に怒ったり責めたりすることに
時間を使うよりも

どうすれば理想に近づけられるかを
考える方が
ストレスは減らせる
ということが分かってきます。

自分にも理想があるように
継子にも、パートナーにも
理想があるということ

違う人間なんだから
違う理想を持っているのが
普通だということを忘れずに

うまく話し合えるようになっていきたいですね。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました