同じ立場だからこそ話せることがある

ボーナスママ(継母)として暮らしている中で
悩みや問題を抱えた時
あなたはどんなふうに対処していますか?
誰かに話せていますか?

パートナーの子どもや親族のことで悩んでいる時に
パートナーに相談しても
立場が違うとなかなか共感しあえず
寂しい思いをすること、ありますよね。

家族や友達に相談しようとしても
思ったような返事は返ってこなくて
余計に辛くなることもありますよね。

かといって、
病院を受診して心理カウンセラーに相談するのも
なんだかハードルが高くて
結局ひとりで抱えて悶々としてしまう・・・。
そんなことはありませんか?

実はわたしもそうでした。

夫と話し合おうとしても
夫の考えは実親目線。
こちらが悩んでいることを伝えても
その悩みの度合いは
なかなか理解してもらえない。

親や友人に話そうとしたら
「自分が決めた事でしょう」
「難しいのは分かってて選んだんでしょう」
「子育ては誰だって難しいよ」
という反応がほとんどでした。

今思えば、相談する相手を間違えていたんです。

相手が悪いとか自分が悪いとかではなくて
視点の違う人に共感してもらおうというのが
無理があったんだということです。

もしあなたがボーナスママという立場で
悩んでいるのなら

ボーナスファミリー(ステップファミリー)について
知識を持った人に相談してほしいなと思います。

なぜかというと、
誰でもアドバイスをするときは
自分の経験を元に話すからです。

パートナーも、親も、友人も
相談窓口でも、たいていの場合は
血縁関係がある子育てをしてきた方でしょう。

そして、これまで経験してきたことや
聞いたことのある話の中から
その人が役に立ったと思うことを
アドバイスしようとします。

一般的な夫婦生活
一般的な子育て
一般的な親族付き合い
一般的な近所づきあい

もちろん参考になる部分は
無いとは言えませんが
ボーナスママにしてみれば
「そういうことじゃないんだよ・・・」と
ちょっとズレたアドバイスになってしまうのです。

ボーナスママが抱えている問題や悩みは
人から見れば
ただの育児の悩みのように
聞こえるかもしれないし

よくある夫婦や嫁姑関係の悩みに
聞こえるかもしれない。

だけど、根っこの方に
「自分が産んでいない」
「自分の価値観が反映されない」
というプラスαの条件が潜んでいます。

覚悟を決めて一緒に暮らし始めたけれど
価値観が違いすぎて
パートナーの子をどうしても好きになれない

始めは「かわいい」と思えていたのに
そばでお世話をしているうちに
段々嫌悪感が出てきてしまった

そういった感情が出てきてしまうのは
なにも変なことじゃないのです。

他人や友達の子だったら気にならないことでも
自分の家族だと思うからこそ気になるし
子どもの生活に関わる時間が多い立場だからこそ
些細なことにも気づきます。

ひとつひとつは些細なことでも
じわじわと溜まって・・

初めは、なんとかしようとしても
自分の価値観が反映されないことが
延々と続いていけば
それは大きなストレスになりますよね。

そしていつしか
一番安心してリラックスしたい我が家が
一番気を張って過ごす場所になってしまうのです。

自分で産んでいない子には
想い出がありません。
小さくて可愛かったころを
懐かしむこともできません。

目元や口元や指の形が自分と似てるわけでも
思い入れのある名前でもありません。

子どもの暮らしを優先して
同じ地域に住み続けている場合は
地域づきあいも学校関係の付き合いも
ずっとパートナーの前妻の面影を
感じ続けることになります。

死別の場合は、家の中にずっと
パートナーの前妻の面影を
感じ続けることになります。

それでも自分が選んだ道だからと
一生懸命向き合って
子どもが将来困らないようにと
日々お世話を続けていくうちに

頑張っても頑張ってもうまくいかなくて
どうしようもなくて
自分がどうすればいいのか
分からないところまで
追い詰められてしまって
やっとのことで相談するんです。

でも、そういうことを知らない相手には
なかなか分かってもらえない葛藤なので
一般的な育児や人間関係のアドバイスをもらい

「それができれば悩んでいないよ・・・」
「相談しなければ良かった」と
涙をこらえながら帰るということも。

だから、ボーナスママが悩んでいる時は
相談する相手を間違えないでほしいのです。

もし、あなたが今の暮らしの中で
悩みや葛藤が大きくなっているなら
ボーナスファミリー(ステップファミリー)について
知識のある人に話を聞いてもらいましょう。

SNSなどで #ステップファミリー と検索して
同じ立場の方とコミュニケーションを取るのも
いいと思います。

同じ立場だからこそ話せることがあります。
気の合う方と繋がれますように。

じっくり話をきいてもらいたいという方には
Rosyで個別相談をお受けしております。
ボーナスママ専門のオンライン相談なので
お気軽にお問い合わせください。
Rosyの個別相談について

いやいや、いきなり個別相談はちょっと緊張するよ!
という方は、ぜひ一度ワークショップに
遊びにいらしてみませんか?
数人でおしゃべりするワークショップです。

毎月1回 オンラインで開催中です。
ボーナスママの本音で話せるワークショップ

「他ではなかなか話せないことも
このワークショップの中では安心して話せます」
とのご感想を多数いただいております。

LINE・メールどちらからでも
お好きな方からお問い合わせいただけます。


タイトルとURLをコピーしました